2015年08月16日

ネズミーランド都市伝説 ビッグサンダーマウンテンで起きた原因不明のトラブル

ネズミーランドでは、1984年の開園以降から
幾度かトラブルでアトラクションが動かなくなったり、急停止する事が
あったのですが、この園ではなぜそのような事になったのかの原因を究明し
公表するという姿勢をとっているのですが、中には原因不明のトラブルというものも
何ケースか存在しているようです。
中でも有名なのがビッグサンダーマウンテンで起きた原因不明のトラブルにまつわる
都市伝説。

ある時ビッグサンダーマウンテンが機器の故障で緊急停止し
運転できなくなった事がありました。
一般の報道では、単に機器の故障と公表されたのですが、
関係者の間では機器の故障などはなくスタッフの対応も完璧でした。
それなのに正常にアトラクションが動かなかったので
本当の原因を調べるために設置してある監視カメラの映像をくまなくチェックしていったところ
なにやらアトラクション内を高速で動き回る光のようなものが確認されたのだという。
映像を確認していた複数のスタッフによるとそれは長い髪の毛の女と
手を繋いでいる小さな男の姿だったらしいのです。

そしてその日の同アトラクション内の監視カメラすべてにその親子とおぼしき光が
映りこんでいてビッグサンダーマウンテンのレールの上をアトラクションと同じ程度の
高速で移動していたのです。
関係者の間では、亡くなったあともビッグサンダーマウンテンの楽しさが忘れられず
出てきてしまった親子の霊では?と噂されているようです。


posted by 埼玉県民 at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。