2016年05月31日

チュパカブラ

1990年代に中南米を中心に爆発的に目撃情報が広まったUMAのチュパカブラ
現地の言葉でヤギを吸う者と呼ばれ、農場の家畜の血を一晩にして吸い尽くし
未確認生物説、宇宙人のペット説、実は皮膚の病気になって毛が抜けたコヨーテ説などが
ささやかれておりました。

ところでこのチュパカブラの正体はなんだったのか?
まずチュパカブラで検索すると登場する動画のほとんどは作り物
目撃情報のほとんどは上記のように皮膚病になった野生動物の誤認
それでは襲われた動物の血が1日にして抜かれるというのはどういうことかというと
牧場の動物が自然死した場合柔らかい部分から土壌にすわれていくため
一晩もすれば、目や柔らかい部分はドロドロになって、怪我などで出血している場合は
血もほぼ抜けていて、その様子がチュパカブラに襲われたと出回った写真と
まったく同じものであったため、これで間違いないと思われます。

ちなみに中米にはこのチュパカブラブームにより
研究や観光におとずれる人が増えて、観光産業旅行産業を
おおいに潤わせたのだとか・・・・ どうやらこのUMAは地元の町おこしのために
作り出された怪物のようですね。

posted by 埼玉県民 at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | UMA関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

GAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦

ある年代の方には有名なGAME KING 高橋名人VS毛利名人 激突!大決戦という映画があります。
1986年のファミコンブームの真っ只中にゲーム名人として子供たちに大人気だった
高橋名人と新進気鋭の頭脳派の毛利名人が、当時のシューティングゲームで最大のヒットを
飛ばしていたスターソルジャーの得点で争うという企画の
(演出込みの)ドキュメンタリー ⇒ ゲーム部分はガチ対決という様子を
そのまま映画にした作品です。

この映画はわずか30分という上映時間ながら、後の名人のイメージを決定づける
16連射でスイカ割り、バイクを指で止める、嵐のビルの屋上でトランプを積み上げるなどなど
有名なシーンが数多く登場します。
そしてこの映画の核になるゲーム対決部分なのですが、公開当時から言われている
都市伝説があります。

この勝負は面クリア5本勝負&総得点で争われるのですが
本数では毛利名人が3−2で勝利、総得点では高橋名人が勝利という形で
引き分けに終わるのですが、実は映像中に不審な点があり、それが高橋名人が
何度か敵の攻撃を受けてミスしているのにそのままゲーム続行しているという点でした。
(ルールではミスをした時点でゲーム終了)
そのため当時から高橋名人のカセットはインチキの無敵カセットだという都市伝説が
ささやかれていたのですが、先日2016年5月28日のニコニコ生放送で
映画の構成を担当したゲームやサブカル関連の著作を多数持つ作家の渡辺浩弐氏が
有名な高橋名人の無敵ROMの都市伝説がありますが、実は映画のために
魅せゲー(いわゆる魅せるプレイ プロレス)をしてくれと毛利名人に依頼したところ
それは高橋名人に対して失礼だからとプロレスを断って、真剣勝負をすると宣言したため
今度は高橋名人側にプロレスをお願いしたところ、それならこちらもギリギリの勝負をしなければ
失礼だなとなってしまい、このままでは絶対高橋名人が無茶な操作をして
ミスって完走できずにゲーム対決がしらけて終わってしまうと考えた渡辺浩弐氏が
ゲーム発売もとのハドソンに依頼して、試合の前日に高橋名人のROMを改造した
無敵ROMとすりかえていたことを30年の時を経て告白しました。
posted by 埼玉県民 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームにまつわる怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

魔法の天使 クリィミーマミのED

今から30年ほど前に子供と一部大きなお友達の間で
絶大な人気を誇っていたスタジオぴえろ製作の魔法少女アニメシリーズの
第1弾の魔法の天使 クリィミーマミ。

この作品の大きな特徴のひとつとしては魔法少女が現代の芸能の世界で
彗星のごとく現れた謎のアイドルに変身して活躍するという点でした。
そのため作中にも多くの楽曲が登場し、現在でも声優やアイドルによって
登場楽曲がカバーされる人気作品です。

その中でもおそらくトップクラスの人気を誇っているのは
後期のエンディングテーマのLOVEさりげなくでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=jDWoi608lN8

当時の子供向けのアニソンの中でもかなり高い完成度を誇っていて
妙に耳に残る名曲なのですが
実はこの曲のバックでギターを弾いているのは
B'z結成前の松本孝弘氏でした。
posted by 埼玉県民 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

舛添要一の朝までファミコン

今世間を騒がせている舛添要一氏がプロデュースしたゲームが
ある事をご存知だろうか?

タイトルは『舛添要一の朝までファミコン』で
1992年にファミリーコンピュータ向けのソフトして発売されました。
ファミコン世代の間ではクソゲーとして知られており
内容は4章構成のコマンド選択式のアドベンチャーゲームで
アドベンチャーパートをクリアすると最後にビジネスクイズが出題され
これに正解していくことで一流のビジネスマナーが身につくという
触れ込みのソフトです。

このソフトの最大の売りというか、唯一笑えるところは
クイズの正解率が低いと「お前のような奴は俺の事務所には置けない」とか
「ばかやろー もう一度ゲームをやりなおせ!!」などと舛添要一に怒られる点です。
しかも現在の舛添要一氏のやっていることと、このソフトの中で行われている
内容を照らし合わせると皮肉にしか見えない部分が多いのもポイントですね。
posted by 埼玉県民 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームにまつわる怖い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

千葉の殺人事件物件売れる

ヤフーニュースなどで注目されていた千葉にある300平米を超える広さの
豪邸がたったの756万円でヤフオクの官公庁オークションに
だされた事がちょっとした話題になっておりました。

この物件は、平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した事と
その事件の犯人がまだ捕まっていない事、
付近がバブル景気の頃に山を開拓して作られた場所で
交通に不便で、人もまばらでゴーストタウンなどと揶揄される場所に
あるためこの値段となったのですが
さすがに3階建て10LDKの豪邸がこのお値段とは?という事で
話題となっておりましたが、5月17日に1111万1100円という
お値段で売却されました。
posted by 埼玉県民 at 05:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

早起きは健康に良い・・・は嘘

昔から早寝早起きは健康に良い、早起きは三文の得など
早起きは良いという習慣は世界各地に存在しています。
しかしこの早起きは体に良いという話を覆すデータが
オックスフォード大学の研究によってあきらかになりました。

動物にはみな生まれながらにして
生命活動の基本サイクルとなる体内時計があります。
オックスフォード大学ではこの体内時計の周期をもとに
世界中のあらゆる年代のの睡眠パターンを分析して
もっとも良いとされる起床時間を算出しました。

<推奨起床時間>
15歳〜30歳 朝9時
31歳〜64歳 朝8時
65歳以上  朝7時
<推奨活動開始時間>
15歳〜30歳 朝11時
31歳〜64歳 朝10時
65歳以上  朝9時

これが人間にとって良いとされる起床時間と
活動開始時間です。
研究によると早起きをすると実生活の行動周期と、体内時計の周期にズレが生じていき
心臓や肺や血管などに負担がかかり
心筋梗塞や脳卒中などの発生リスクが高まります。
また人の体温は朝4時〜6時ごろが最低体温となり、
体温が低い時の身体機能は著しく低下してしまい
今巷で流行っている朝カツは実はあまり効率がよくないという結果が出ました。
posted by 埼玉県民 at 05:29| Comment(1) | TrackBack(0) | トンデモ雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

樹海村

何やらゲームの魔界村を思い起こさせる名前ですが、樹海の中には
自殺を考えて樹海に入ったものの途中でやっぱり怖くなって
死にきれなかった人たちが集まって作った村が存在していると言う
有名な都市伝説の事です。

この樹海村は実在しているのかというと答えはNoです。
樹海に住んでいる方は実際に存在しているのですが
樹海の中は大人数の人間が村を作って自給自足できるほど広くはなく
また凶暴な野生動物や足場の悪さもあって、
もともと樹海で生活しているならともかく
素人が村を作って生活するには厳しい環境です。
posted by 埼玉県民 at 08:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

鳥人間コンテスト

今年も7月末に開催される鳥人間コンテスト。
大学生が人力飛行機を製作して
どれだけ遠くに飛べるかを競う人気の競技です。
この鳥人間コンテストにも怖い話があります。

この鳥人間コンテストは実際に出演した学生が収録中に事故を起こして、
番組制作元や大学飛行機を制作した同学生を相手に裁判を起こしているという話です。
2007年の鳥人間コンテンストにて
九州工業大学に在学していた当時20歳の女子大学生が
操縦士を務めた飛行機が滑走路を飛び出た直後に落下して
そのまま10m近い海に墜落。
その女子学生は落下の衝撃で「脳脊髄液減少症」という病気を患ってしまい
現在でもリハビリ中らしいです。


現在でも鳥人間コンテストの事故で亡くなったor大怪我をした学生がいるという噂が
定期的に上がりますが、モデルはおそらくこの話のことです。
posted by 埼玉県民 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

谷中霊園の電話ボックス

東京台東区の谷中霊園の真ん中になぜか交番と電話ボックスがあります。
霊園の真ん中に電話ボックスというのも変な話なのですが
この電話ボックスは実は過去に何度か撤去しようとしたらしいのですが
そのたびにその話が立ち消えになるらしいです。
ほとんど電話を使っている所をみないその電話ボックスですが
ここで電話をすると稀に霊界につながるらしいです。
さらに横にある交番にも人がいる事がほとんどないようです。
posted by 埼玉県民 at 20:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 地域限定の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

車の事故率と車体の色

ニュージーランドのオークランド大学の研究者が
変わった統計を採りました。それは車の車体の色と事故率との関係です。

統計によると最も事故に遭いにくい車体の色はシルバーで、
重大事故に巻き込まれる確率は白い車の約1/2。
シルバーは明るい色合いと光の反射性に優れているために
他のドライバーから認知されやすいため。

反対に事故に遭いやすいのはブラックやグリーン
白い車体の2倍程度の高い確率で
重大事故に遭いやすいようです。。

また黒い車も事故に遭いやすく、黒は収縮色なので実際よりも小さく見えるために
距離間を詰めすぎて事故に至るといわれております。
しかし黒の車は日本では実際の事故率は低いらしいです。
なぜなら黒い車体のごつい自動車には暴力団が乗っているケースが多く、
そういった車に対して一般のドライバーはトラブルを避けるため自然と距離を置くためらしいです。
posted by 埼玉県民 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

10倍だぞ!10倍!

1999年の新日本プロレスで人気タッグチームだった天山選手・小島選手のテンコジタッグ
このチームは人気実力ともにトップレベルで、タッグタイトルを何度も防衛した
名タッグチームだったのですが、2人のあるやりとりが週刊プロレスに載ったところ
思わぬ反響がありました。
881.jpg

天山「俺達がチャンピオンだ!永遠のな」
小島「俺達は1+1=2じゃないぞ。俺達は1+1=200だ
   ”10倍だぞ!10倍”!!」

もともと相手タッグチームがお前らのチームは1+1=2だろうが
俺達は1+1=20だ。という挑発に対しての勝利者コメントで
お前らが20(10倍)なら、俺達はその10倍の200だ!という意味で使ったつもりが
写真の部分だけを切り抜いて掲載されてしまったために
雑誌購入者、ワールドプロレス中継でやり取りをみていた視聴者
そして様々な雑誌の誤植や間違いを掲載して遊ぶ雑誌VOWなどで
この10倍発言がとりあげられて、17年後の現在でも
ネット上で10倍だぞ10倍は引用される台詞となってしまいました。
posted by 埼玉県民 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

医学生の人体解剖の授業

教授が1年目の医学生に最初の人体解剖の授業を教えている。
彼は始める前にいくつかの基本的なことを学生に教えることにする。

「人体解剖をするためには2つの事が出来なければならない。
第一は、恐怖を持ってはいけないと言うことだ。」
ここで教授は、死人の肛門に指を突っ込み、そして舐めた。


教授は学生に同じ事を目の前にある死体に行うように言った。
数分の沈黙の後、学生達は同じ事をする。

「第二は、鋭い観察力を持たなければいけないと言うことだ。
私は死人の肛門に"中指"を突っ込んだが、舐めたのは"人差し指"だ。」
posted by 埼玉県民 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

緊迫するニュース番組の冒頭で起こった放送事故

1987年6月28日の日本テレビのNNNニューススポットの番組冒頭で
とんでもない放送事故が起きました。
まずは実際の番組シーンをごらんください。
https://www.youtube.com/watch?v=9r4RGj-iqNo

この日は特別プログラムでニュースの後に笑点という番組編成だったのですが
局のマスタールームで通常のプログラムどおりに笑点のテーマを間違って
流してしまって、緊迫する〜とはじめているアナウンサーの
バックに笑点が流れると言うとんでもない放送事故になってしまいました。
posted by 埼玉県民 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

桑田佳祐を引き抜こうとしたバンド

サザンオールスターズのファンの間では有名な都市伝説に
桑田佳祐を引き抜こうとしたバンドが過去にありました。
それはドリフターズです。

ドリフターズはコントで人気が爆発しましたが
もともとはバンドミュージシャンで、ビートルズの日本公演で
前座をつとめた事も有名です。
ことの発端はドリフターズにバンドをやりにきていた
高木ブーが、コントやお笑いで人気となったために
バンドに集中できないのでリーダーのいかりや長介さんに
ドリフ脱退を相談していた際にどうするか考えていた時
ドリフの8時だョ全員集合にゲスト出演していた
人気が出る前のサザンオールスターズの桑田佳祐に高木ブーが抜けた場合に
かわりにメンバーに加わるように頼んでいたらしいです。

結局の所高木ブーさんが残留したために、桑田さんのドリフ入りは白紙となったのですが
もしも桑田さんがドリフ入りをしていた場合、邦楽の歴史は
かなり違ったものになっていたかもしれません。

ちなみにこの話本当の事だったようで
1992年にサザンのライブのMCで桑田さん本人が語った話です。
posted by 埼玉県民 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

ナイキが有名ブランドになった時

ナイキが有名ブランドになったのはミュンヘン五輪アメリカ予選の時に
出場選手達にナイキのシューズを提供して
『トップ7人のうち4人までがナイキの靴を履いていた』と広告を打ったことで
世界的な知名度を獲得する事となったためです。

ちなみに7名のうちの残りの3人はそれぞれ1〜3位まで入賞しました。
その選手達のシューズはアディダスだったそうです。
posted by 埼玉県民 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。