2016年06月30日

ドラえもん様

2000年代後半ひとりかくれんぼ(人形やぬいぐるみを使った交霊術)
が流行しはじめた時期に同じような儀式がインターネット上でささやかれておりました。
それがドラえもん様と呼ばれるものです。

ドラえもん様のやりかたは

まず塩水、ドラえもんの人形、ドラ焼きの3点を用意します。
そして
1、まず、窓を10cm開ける(夜中の3時)
2、ドラえもんの人形とドラ焼きを押入れに供える
3、押入れの前で正座をし(その時部屋の電気をつけない)、
   「ドラえもん様、ドラえもん様、おいでくださいましたら
    その人形にお入りください」を変化があるまで続ける
4、人形に変化があったら「ドラえもん様、どうか私の願いを叶えて下さい」と言う
5、やった後に「ありがとうございました。どうかお帰りください」と言い、
  最後に塩水をドラえもんの人形にかける
6、ドラえもんの人形を燃やす
これで願いがかなうというものです。


以降はネタばれです。
まず最初に書いたようにこの儀式はひとりかくれんぼの同じ時期に出回りだした話で
大流行しているひとりかくれんぼをモチーフに
こっくりさんや願い事をかなえる儀式をミックスして作られた
”創作上の儀式”で、これをやっても何もよい事はありません。
むしろ深夜という時間帯に何か秘密の儀式をやったor失敗したという
自己暗示でマイナス方向にいくため悪影響しかありません。
posted by 埼玉県民 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

武蔵丸の悲劇

最近新作アニメやグッズが発表されてブーム再燃の兆しをみせる
カードキャプターさくら。
このCCさくらにもある有名な都市伝説があります。
それはアニメファンの間で武蔵丸の悲劇と呼ばれているものです。

CCさくら放送中はまだハードディスクレコーダーやDVD録画などが
一般的ではなく、一般家庭ではアナログビデオデッキでの番組録画が主流でした。
そのため今のようなスポーツ中継などの延長にあわせて録画時間を繰り上げてくれるような
便利機能はなく、録画は手動かタイマー録画しかありませんでした。
カードキャプターさくらの最終回がNHKBSで放送されたのは
2000年の3月21日だったのですが、直前に放送された大相撲春場所の中継が
4分間の延長となったためにタイマー録画でさくらの最終回を予約していた全国の視聴者は
まずいきなり大相撲の武蔵丸VS貴ノ浪を見せられることとなり
しかも肝心のラストシーン&番組終了後の司会者とともよ役の声優さん(岩男潤子)の
メッセージも見られずに終わるという悲劇に見舞われたのでした。

当時は今のようにインターネットで動画を見ることもできず
また映像ソフトでは声優さんの対談がカットされているため
CCさくらのファンたちが、まだできて間もない
2ちゃんねるなどの掲示板で発狂し、
貴ノ浪にその日敗れた武蔵丸の名前を取って
武蔵丸の悲劇と呼ばれ16年経った今でも当時のファンの間で語られる
伝説となりました。
posted by 埼玉県民 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

未解決事件都市伝説 テレビ東京に人骨

今からちょうど10年前の2006年にある事件がありました。
当時放送していたライトノベル原作の深夜アニメいぬかみ!という番組が
その日に放送していた世界卓球選手権中継の延長で
時間帯を繰り上げての放送となったために全国で録画に失敗した人たちが多数出ました。

その中の一人と思われる人物が、録画失敗の恨みを全文カタカナの文章で
書き綴った手紙に何かの骨を同封して、放送局であったテレビ東京宛てに
送りつけて、大騒ぎとなりました。
当時出回った噂ではこの骨は人骨でテレビ東京人骨騒ぎなどと
インターネットで大きな話題となったのですが、実際の所はこの骨はきちんとした
鑑定がされなかったらしく、何の骨だったのかも送りつけた犯人も不明のまま。
その後関連した大きな事件もなかったため、単なるいたずらであると判断されたのですが
真相は今でも不明で何とも気味の悪い未解決事件となりました。
posted by 埼玉県民 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

カビキラー

梅雨の時期に活躍商品といえばカビキラーです。
お風呂など特に湿気が多い場所で、シュッと吹きかければ
綺麗にカビを除去できる商品なのですが、このカビキラーにまつわる
ある有名な都市伝説をご存知でしょうか?
それはこのカビキラー”黒いカビを脱色しているだけで、実際はカビを
除去しているわけではない”という噂です。

この噂は本当なのでしょうか?
答えは嘘です。カビキラーはきちんと殺菌成分を有する原料を
使用しているために殺菌効果はあります。
ではこの噂はどこからうまれたのでしょうか?
実はカビキラーで表面上は綺麗にカビを殺菌できたとしても
カビを完全に除去することは難しいため、少しでも残ってしまうと
爆発的にカビが繁殖し、元通りになってしまうために
実はカビを脱色しているだけなのでは?という噂がうまれたのでした。
カビキラーで殺菌した後はきちんと換気と掃除をこころがけて
カビが繁殖しにくい環境を作る必要があるのです。

posted by 埼玉県民 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

すべてのパソコントラブルを解決する隠しコマンドがある

「すべてのパソコントラブルを解決する隠しコマンドがある」という噂は
インターネット掲示板などにたびたび書き込まれるものです。

やり方の前にネタバレから書きます。
この隠しコマンドは実行するとWindows系のパソコンデータを
すべて削除して、起動できなくさせるコマンドで
悪質極まりないデマですので、絶対に騙されて入力しないように。

やり方はアクセサリの中のコマンドプロンプトを立ち上げて
cmd/c
re/s/q c: と入力すると
すべてのウィルス、不具合が解決されるなどと
書かれているのですがこれはWindows系パソコンを使用不能にするコマンド
なので絶対騙されないように注意しましょう。
posted by 埼玉県民 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

渋谷の謎のマンホール

渋谷の井の頭通り周辺には謎のマンホールが存在しているという噂です。
マンホールの下にはだいたい下水道やガス管などのライフラインや
地下鉄に繋がっていることがほとんどなのですが、何に使われているのか
よくわからないマンホールも存在しております。

渋谷の井の頭通りにある謎のマンホールもその典型で
隙間がハンダでとめられていて、開けることすらできない状態のため
何のためにあるマンホールか謎なのです。
このマンホールもともとは下水が通っていたらしいのですが
付近の住民からマンホールの下から何か変な物音がするという報告が
絶えなかったために何度かくまなく調査をしたのですが
何も発見されなかったため、念のためにハンダで固定してしまったようです。

しかしハンダで固定された後もマンホールの下から
何かが走る音や話声が聞こえるという噂が絶えず、どこか別のマンホールから
古い下水道に侵入している人間がいるのでは?と噂されています。
posted by 埼玉県民 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域限定の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

杉原杏璃さんの最新写真集の中に心霊写真があった

今トップグラビアアイドルとして活躍している杉原杏璃さんの
10冊目となる写真集『ANRI』(ワニブックス)の中に
少年の生首が写った心霊写真があったという話がインターネット上で話題となり
杉原杏璃さん本人が運営するブログでも「私の写真集に心霊写真が」という
タイトルで、今まで「正直、自分の作品やiPhoneなどで撮った写真の中で
こういうものがハッキリ写ったのは初めて」
いままでこのような心霊経験はなかったため、幽霊の存在を信じておらず、
「ちょっと怖いというかなんて言うか。。。。。。」ということで
本人、ファンともども困惑しております。

その恐怖の心霊写真はこちらです。
sugihara.jpg
おわかりいただけただろうか?杉原さんの右にある木の根元にクッキリとした少年の顔が
写りこんでいることを・・・・。

ここからが解説
これは一目瞭然で、光の加減によって木の模様、くぼみの部分、
少年の髪の毛の部分の影を形成しているのは、顔の左の位置にある木の根っこの膨らんだ部分で
これらが合わさってたまたま人の顔のように見えているものです。
posted by 埼玉県民 at 06:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

もっとも多くの人に立ち読みされた1冊の雑誌

今回は昨年やりすぎ都市伝説にて語られて、多くの人を感動させた都市伝説
もっとも多くの人に立ち読みされた1冊の雑誌という話をご紹介します。

おそらく日本でもっとも多くの人に立ち読みされた雑誌というのは
週刊少年ジャンプ2011年16号です。
この号は2011年3・11の東北北関東の大震災があった翌週の号で
当時は津波と震災で道路がところどころ寸断されて、物流がストップしており
食料や生活用品のほかに雑誌のような印刷物もストップしてしまっている状態
多くの人が楽しみにしていた少年ジャンプも書店に入荷できない状態でした。
その時に仙台市のある男性が山形県の書店に出向き「震災でジャンプを読めない方達に」と
ジャンプ16号の在庫を購入し、本が入荷できなかった仙台市の書店に寄贈しました。
書店の店員さんはたいへん喜んで店頭に「少年ジャンプ読めます」と張り紙を貼ったところ
沢山の人たちがジャンプを読むために列を作り、震災で沈んでいた
多くの人たちを楽しませたそうです。
後日この話を知った集英社はおそらくもっとも多くの人に立ち読み、回し読みされ
ボロボロになった少年ジャンプをぜひ引き取りたいと申し出て
被災地への義捐金100万と引き換えで、このジャンプ16号を引き取り
今でも会社に大切に保管されているらしいです。
posted by 埼玉県民 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

現在の小中学校ではチャイムが鳴らない

私達ぐらいの年代ですと小学校、中学校の授業の始まりと終わりには
必ず校内放送でチャイムが鳴っていたのですが、最近ではこのチャイムが
廃止されている学校が増えているらしいです。

特にチャイム廃止学校が増えている地域は関西で
なんと現在では関西の小中学校の5割がチャイムを廃止しているらしいです。
これには2つの理由があって近所の家に住む住人への配慮と
生徒の自主性を育てるためという教育的な理由があるようです。

このままのペースで行くと10年後には
全国の小中学校からチャイムというものが完全に廃止される日も
遠くはないでしょう。
posted by 埼玉県民 at 05:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

南米の地下の巨大迷宮

南米であるボーイスカウトの一団が行方不明になりました。
それからしばらくして教会の床の底から何かが叩く音がすると言う事で
古い床板をはずすとなんと床下から行方不明になっていたボーイスカウトの
うちの一人がでてきた。

手には黄金のトウモロコシをにぎっており、
その子の話を聞いてみると
最初は洞窟の入り口にロープを縛って一人ひとりの
体を結んで迷わないよう洞窟を進んで探索をしていたのだが
気がついたらロープが切れて入口がわからなくなってしまったらしい。
そして次第にボーイスカウトのみんなは息絶えていき
最後は自分ひとりになってしまい暗闇の中をさまよっていると
小さな明かりが天井に見えたため、叩いて助けを求めたらしい。
黄金のトウモロコシは洞窟内で拾ったそうだ。
その後彼も息絶えたらしい。

これは昔TVで見たことがある南米の地下に巨大迷宮があるという
都市伝説にまつわるエピソードです。
南米には他にも伝説上の黄金都市エルドラドが密林の中に存在していたという
伝説も存在していて、衛星の発達した現在でも発見できないこの黄金都市エルドラドは
実は地下に存在していて、この巨大迷宮の伝説と何か関係あるのでは?の
ようなまとめ方をしておりました。

posted by 埼玉県民 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

人体から幽体が抜け出る系の心霊写真

2000年代初頭に亡くなった心霊研究家の中岡俊哉さんの本に多く
取り上げられて子供達を恐怖のどん底に叩き落した心霊写真の中に
人体から幽体が抜け出る系の写真があります。
こういった写真です。
434341.jpg

このあとこの写真の人物は事故や病気で亡くなったらしい・・・のように続く場合も
あります。
霊能者鑑定ですとこういった写真は本人の幽体が体から抜け出ていて大変危険な状態というような
鑑定が出るのですが、実はこれタバコの煙にカメラのストロボ光が反射して
白いもやもやになって写っただけのものです。写っている人物が怪我をしたなどは単なる偶然です。
またタバコの煙がないような屋外でもこういった写真はたまに写ってしまうのですが
こちらは車の排気ガスや寒い場所で吐く息にストロボ光などが反射して
白いもやもやになって現れているもので、心霊現象とは何の関係もありません。
posted by 埼玉県民 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月19日

神戸の0円ハウス

関西圏ですぐに(霊に)会いに行ける心霊スポットとして
今一番有名な場所が神戸の0円ハウスと呼ばれている場所です。

もともとは4LDKで20年前にリフォームした小奇麗な一戸建て住宅で
購入するのにおよそ6千万ぐらいかかる物件なのですが
”ある理由”によって買い手も借り手もつかず
ほとんど人が住まなくなっている物件です。

その理由とはこの住宅が建っている場所に問題があって
戦国時代に殺された戦国時代の甲冑を着た武将の霊が夜な夜な現れては
おそらく敵軍に切られた手足を探しに庭を徘徊しているためらしいです。

そのため今ではこの物件はレンタル料0円で貸してくれる
神戸の0円ハウスと呼ばれる心霊スポット化しているようです。
posted by 埼玉県民 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月18日

リンカーン大統領の幽霊列車

今回は日本よりもアメリカで有名な都市伝説のリンカーン大統領の幽霊列車を
ご紹介します。

奴隷解放の父と評されるアメリカのリンカーン大統領は
1865年4月14日の夜にフォード劇場での観劇中に暗殺されました。
そしてリンカーン暗殺後の葬儀が行われた後に
その遺体はワシントンからイリノイ州の墓地に特別列車に乗せられて
見送られる事になります。
その特別列車は各駅で約8分間ずつ停車し、それぞれの駅で
人々がリンカーン大統領に別れを告げることができるよう配慮されて
走行しておりました。

その特別列車が走ってから何年も経ってから奇妙な噂が流れる事になります。
ある年の4月27日の夜にニューヨーク中央鉄道のとある駅に、
突然暗闇の中から列車が出現し、音もなく駅に近づいてきたのです。
これを見た人達はみんながあのリンカーン大統領の遺体を運んだ
特別葬送列車だったことに気がついたそうです。
列車が駅に到着すると、どこからともなく葬送曲が聞こえだし
線路の両端には黒い渦があり、そこに突然駅構内に軍服を着た兵士たちが現れ、
おそらくリンカーンの遺体の入ったひつぎをかつぎ上げて列車の中に運び込み
しばらくしてから列車は音も立てずにスーッと駅を発車していって
闇の中へと消えていったのだそうです。

この特別葬送列車の幽霊は当時の多くの駅員が同時に目撃しており
あっという間にこの噂は広まっていきました。
実はこの幽霊列車は一度だけでなく
その後も何度も目撃されているらしく、リンカーン大統領の死後150年経った現在でも
アメリカでは有名な怪談、都市伝説として知られております。
posted by 埼玉県民 at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

教科書に載った心霊写真

世界史の教科書に載った有名な心霊写真があります。
まずはそちらをご覧ください。
sinreikyoukasyo.jpg

おわかりいただけただろうか?ナチスドイツに連行されるユダヤ人を撮影した
教科書の写真なのですが、女性のカバンに男性の顔がクッキリと写りこんでいることを・・・・

解説ですが、こちらまずモノクロ写真であるため
男性の顔に見えてしまうのですが、これがカラー写真であった場合は
何の変哲もないカバンの凹凸でしかありません。
写真がモノクロで色味がないためにこの凹凸がまるで人間の顔のように
錯覚してしまうのです。
posted by 埼玉県民 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

みかん騒動

今から数年前の年末にある事件がネットをにぎわせた
後年みかん騒動と呼ばれる珍事件です。

まず楽天ブックス年末年始のキャンペーンとして1月末まで
送料無料&さらにANA会員になると500P(500円相当)プレゼントと
いう企画をはじめました。
さらにAOL、asahi.comに登録することでそれぞれ500P追加という
キャンペーンも重なり、ポイントが加算されていき
合計約2000円相当のポイントが貰えるという事だったのですが、
なんとこのキャンペーンはアカウントと適当なパスワードさえ入力すれば
”誰でも2000円相当のポイントが何度でも入手できてしまった”ために
インターネットの掲示板やブログなどであっという間に噂が広がり
適当なアカウントを作っては2000円分買い物をして
また別のアカウントを作って買い物という人間が多数現れて、
まずは現金化しやすい図書カードや生活用品から中心に売り切れが続発

1/4の夕方頃になってANA側がこの異常事態に気がついて
「ANA正規会員のみ1回だけポイント加算」の注意書きが追加されて
ポイント流出騒動は幕を閉じたのですが、結局その頃には楽天からは
2000円相当の商品がごっそりなくなって、生活用品などがなくなってからは
アカウントが凍結されて買い物ができなくなる前に
箱詰みかん2000円分を注文し続ける者たちが殺到していた事から
楽天みかん騒動、みかん事件などと呼ばれる事件となりました。
posted by 埼玉県民 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。