2016年06月07日

マイケル・ジャクソン生存説

日本よりも海外で有名な都市伝説のマイケルジャクソンの生存説
今年もマイケルの命日が近づいてきたので、今回はマイケルジャクソンの生存説について
ご紹介します。

マイケルジャクソンはアメリカ合衆国出身のエンターテイナーで
CD・レコードの世界総売上枚数は10億枚以上で
人類史上最も成功したエンターテイナーとしてギネス記録を保持しております。
2009年6月25日に自宅で心肺停止状態に至り50歳の若さで死去。

しかしマイケル死去の直後から、実はマイケルは生きているという
噂が絶えず、半ば都市伝説化していきました。
マイケル・ジャクソンの死因は専属の医師が
治療のための麻酔薬を誤って多量に投与したためとなっております。
実際にこの主治医は麻酔薬投与のための過失致死罪の有罪判決を受けています。
この死因にも不可解な点が多く、またマイケルさんがいなくなった
自宅で動く人影が映った動画やマイケルさんの遺体がヘリで搬送される途中に
遺体にかけられているシーツの下のマイケルさんが動いた?と思われる動画
最終的に車で安置所に運ばれたマイケルさんなのですが、その車の中から
マイケルさんそっくりな人物が出てきた動画などが出回って
やはりマイケルさんは生存しているのでは?という噂が根強く残っております。

日本ではマイケルは生存しており、しかも日本の駒込に住んでいる
駒込でマイケルを見た!という目撃談が寄せられているのですが
ソースは東京スポーツなのでこちらの信憑性は??です。
posted by 埼玉県民 at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。