2016年07月21日

キックの鬼

一昔前にK−1や総合格闘技がブームとなりましたが、それよりもさらに
30年ほど前にも現在ではほとんどTV中継されることのない
キックボクシングが大流行して、日本でプロ格闘技化することまで
検討されておりました。
そのブームの火付け役となったのがキックの鬼と呼ばれる沢村 忠でした。

ゴールデンタイムの時間帯に試合中継が放送されて
本場タイのキックボクシングの選手相手に奮闘する
沢村選手は当時カリスマ的な人気でした。
しかしこの本場タイのムエタイ選手というのが曲者で
実はちょっとムエタイを習ったことがあるタイの留学生を探して
ショーをやらせていて試合が終盤に差し掛かったら真空飛び膝蹴りでKOされるという
台本に従い倒れるというアルバイトであった話が噂されていて
実際にタイの本物のムエタイのランカーと戦ったさいは
真空飛び膝蹴りはヒットせずに観客を???とさせております。

そのため現在でもキックをメインに中継していたTBSで放送される格闘技や
ボクシング中継などで(特に10年ほど前の亀田兄弟ブームの時などで)
「ああ、またTBSでサワムラやってるわ」などのように
ある種のショー的格闘技を揶揄する隠語として使われるようになってしまいました。
posted by 埼玉県民 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。