2013年05月11日

進撃のオタク

年に2回東京ビッグサイトで開催される最大の同人イベントコミックマーケットの事を
みなさんはご存知だろうか?1イベントにつき3日間(スケジュールにより2日開催の場合もあり)
開催でのべ来場数が50万人を超える大イベントである。

実はこの開催の前に少しでも早く館内に入ってお目当ての同人誌やグッズを入手するために
会場近辺で徹夜行為、野宿行為をして、周辺の企業ビルやお店に迷惑をかけて問題となっているのが
いわゆる徹夜組と呼ばれる存在で、その数はおよそ3万〜(人気が集中する最終日前日夜は)
5万といわれている。中には東方プロジェクトなど中高生にも人気の作品もあり
徹夜組の中には当然中学生や高校生も混じっていて、警察消防には頭の痛い問題となっている。

実は徹夜組でも年季の入った者は、駅の周辺や企業ビルの中で暖を取るといった愚かな行為を
せずにある場所に固まってじっとコミケの入場列を待つ事が暗黙の了解となっている
(絶対に真似しないでください徹夜は禁止です。)場所は、ゆりかもめ側の駅である
国際展示場正門前駅を降りて、有明客船ターミナルの船着場の方を抜けて、砂利道を
ずーとまっすぐ進んだ所にある行き止まり、ビッグサイト西館に隣接した公園の所である。
この場所にイベント開催前日の夕方辺りから人が集まりだして、最終的には一箇所に
徹夜&野宿をする人間が3万人程度集まるのだ。

彼らが周辺から同人イベント目的以外の人がいなくなる深夜になると
モグリの徹夜管理スタッフに先導されて、一言も口をきかずに
いっせいに会場であるビッグサイトの入場口に向かって大移動するのだ。
数万人の同人オタクが深夜にドドドドッと大行進する様子は、知らない人からすれば
どんなオカルトよりもオカルトらしい異様な熱気と迫力に満ちているのだ。

実は私も好奇心で一度徹夜組を監視する有志のスタッフ手伝った事がありますが
その様子は異様そのものでした。


posted by 埼玉県民 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。