2014年01月07日

宇宙人に会った事のある有名人

アメリカの大統領に就任すると、必ず宇宙人に逢い挨拶をするという
都市伝説があります。(アメリカではUFO宇宙人を一部の人間達が
神格化、宗教化している部分もあるので、信じるかどうかはあなた次第!)

しかし大統領ではない民間人の中に唯一宇宙人と逢った事がある人間がいるそうです。
それが、あのスティーブン・スピルバーグ監督らしいです。
そしてスピルバーグ監督が国家から宇宙人の存在を世界に広めるために
また突然宇宙人が地球を訪れた際にパニックにならないように
あらかじめその場面を想定し再現した映画を作り、世界に広めるように
依頼されたのだと言います。

そして、監督が1977年に発表した映画「未知との遭遇」では
現在ではリトルグレイ(またはグレイ)と呼ばれる宇宙人を登場させました。
グレイタイプの宇宙人の登場はそれまでは、タコのような軟体形状の宇宙人や
イルカ型の宇宙人などのイメージを一新
現在宇宙人といわれると思いつく姿のイメージを作り上げた映画と言えます。
そして宇宙人といえば未知の星からの侵略者や
人間とはまったく異なる感情を持っていたり、人を生命体とすら考えない
おそろしい存在というイメージを払拭、宇宙人は友好的ですよという
イメージ像を作り上げて大ヒットしたE.Tがあります。

実は未知との遭遇のUFOのシーンは、まさに本物のUFOの発着シーンを
再現した物で、グレイやETも宇宙人の姿そのものズバリを再現した物であると
偶然UFOや宇宙人に遭遇した人たちの証言もあります。
最近ではアメリカで長い間都市伝説として語られてきたエリア51の存在も
公式で存在している事が明らかになり(ただし噂にあるようなUFOの発着場や
宇宙人との交渉の場とは言ってませんよ)、もしかすると
これから本当に宇宙人の存在があきらかになってくるのかもしれませんね。


posted by 埼玉県民 at 10:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 宇宙人UFO関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいね!ができない」のでこちらで書かせてもらいます。
Posted by at 2014年04月08日 11:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。