2014年08月01日

インドのモンキーマン

ここの所ビッグフッドなどの猿人系UMAが都市伝説界隈を賑わせているが
猿人が出るのは何も山の中だけとは限らない・・・。

例えば2001年4月にインドの首都ニューデリーに出没した謎のUMAが
モンキーマンである。

目撃者の証言によると体長は1.8mほどで、上半身は毛深い猿のようであり、
下半身は人間のようだった。
鋭い爪と人間とはかけ離れた跳躍力を持ちつつ
ヘルメットやズボンを着用するという知性も持ち合わせているようだ。
しかし夜な夜なニューデリーに現れては外で寝ている人などを襲って
怪我を負わせるなどして事件になった。

結局のところこのモンキーマンは正体不明のまま
1ヶ月ほどでまったく目撃されなくなった
謎のUMAである。
posted by 埼玉県民 at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | UMA関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
誰かが着ぐるみかスーツを着て...でしょうか。
それとも本当にいて野垂れ死にしたのか。

Posted by 朽磨呂 at 2014年08月01日 18:22
モンキーマンも謎のUMAなのですよね。

アメリカのモスマンほどメジャーな存在ではないのですが
事件を引き起こして新聞沙汰になっている分
実在している(?)可能性は高いのです。

結局どうなったのかは、まったくわからないのですが。
Posted by 埼玉県民 at 2014年08月02日 13:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。