2015年04月20日

宇宙人解剖フィルム

1990年代の半ばに世界中に衝撃を与えたフィルムが宇宙人解剖フィルムです。

これはイギリスの映像実業家レイ・サンティリ氏の所有物で
1947年7月にニューメキシコ州ロズウェルに異星人の乗り物が墜落し、
その1ヶ月後にテキサス州ダラスのフォートワース基地内で異星人の死体解剖が行われて
その墜落現場と異星人死体解剖を撮影フィルムをレイ・サンティリ氏が買い取ったという
触れ込みです。

その後映像公開から11年の2006年に所有者のレイ・サンティリ氏や
このフィルムに携わった映像や特殊メイクのスタッフたちが
次々に宇宙人解剖フィルムは作り物のフェイクであったことが
告白され一応の決着がつきました。

しかしこの宇宙人解剖フィルムにはある陰謀論が隠れていたのです。
大戦中のアメリカでは様々な非人道的な実験が
おこなわれており、主に研究されていたのは放射能や原爆にまつわるもので
人は原子爆弾投下後の放射線下ではどれぐらい戦闘が可能なのか、
またはプルトニウムを人間に注射するとどうなるかなどである。
その実験に参加した人間のほとんどはすぐに亡くなってしまったのですが
生き残った人たちが子供を産んだ際には、子供に強い影響が出る事が
多かったのです。

実はあの時に世界で公開されていた宇宙人解剖フィルムは
その生き残った人達の子供を解剖している様子なのではないか?という疑惑が
あります。
アメリカでは秘密の武器やステルス戦闘機の開発所のエリア51を
意図的に宇宙人の円盤発着所という噂を流して、事実を隠蔽していたように
国家機密を「UFO・宇宙人」という言葉で隠蔽する事があるのです。
あの宇宙人解剖フィルムは戦時中におこなった実験による被害を
宇宙人というフィルタで隠したのではないか?という話になるのです。

TV局が高いお金で買ってくれることが知られたり
局自身が若い無名の映像監督などに依頼するなどして
解剖フィルム効果後に江戸時代の流行った河童や人魚のミイラのように
さまざまな偽の解剖フィルムもでまわりましたが
最初に公開されたあのフィルムは実は本物。ただし宇宙人ではなく
地球人の物で、結論から言うと本物の死体の解剖映像を
世界に公開したのでは?という事になるため
今ではTVであの映像の完全版を流す事は難しくなっております。





posted by 埼玉県民 at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙人UFO関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。