2015年07月15日

紅白歌合戦で1度だけ録画放送が流れた事がある?

紅白歌合戦といえば年末の定番番組なのですが
この番組の特徴は生放送であるという事です。
しかし過去に1度だけ生放送ではなく録画放送が流されそうに
なったという噂があります。

それはかつて日本を震撼させた有名な未解決事件の草加次郎事件
(1962年〜63年に起きた連続爆破事件)の犯人が
生放送中の紅白の会場を爆破してやるという予告を送ってきたために
直前に本番と寸分たがわぬ録画をおこない、もしも会場で何かあった場合には
即、録画放送と切り替えて番組を続けるという方法が取られていたという話です。

草加次郎事件についてはいろいろなサイトで検証がされているのですが
紅白を爆破しようとしていた件については確定的な話はありませんでしたので
あくまでも噂であるようです。
おそらく紅白出演者の 島倉千代子援護会事務所爆発事件や
吉永小百合脅迫事件から紅白という言葉が追加されて
この都市伝説となったものと思われます。


posted by 埼玉県民 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。