2016年02月25日

お経にまつわる都市伝説

みなさん夜道で突然顔面グズグズの怖いお化けに出くわしてしまった場面を想像してみてください。
とっさにお経を唱えてしまった方も多いのではないでしょうか?
今回はそんなお経にまつわる都市伝説です。

これはバスガイドさんや観光業界の間で古くから語り継がれている都市伝説で
バスガイドと言えば全国津々浦々の様々なツアーに参加します。
中には霊の目撃談が多い場所や恐山のような
霊的磁場の強いスポットにも行く事があります。
そんな時にもしもお化けに遭遇した場合には
やはりお経で自衛するのですが、そこにはルールがあるらしいのです。

日本の場合は太平洋側では南無妙法蓮華経
日本海側では南無阿弥陀仏
どちらにも効くのが般若心経ですが、
効き目は先の2つに比べるとやや弱いという話です。

地域によってお経の効き目の強い、弱いがあるというのが
何かゲーム的ですが、この話は観光業界だけでなく
葬祭屋さんの界隈でも結構知られている話で
同一の話をする方も多いようです。
この地域によるお経の効き目の差にはどんな秘密があるのでしょうか?


posted by 埼玉県民 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。