2016年03月07日

ゴボウを食べさせて有罪

日本では広く食べられているゴボウ。
もともとゴボウは中国から入ってきたとされ、縄文時代の頃から
日本で食べられていたと貝塚からの調査でわかっています。
しかし中国でのゴボウはあくまでも薬用としてであって
ゴボウを食用として食べるのは日本人だけです。
このゴボウによってとんでもない裁判がありました。

それは第2次大戦後におこなわれた有名な裁判で
戦時中に日本軍がアメリカ軍やイギリス軍の捕虜に対して
食事としてゴボウを食べさせようとしたのですが、
その時の捕虜から「日本軍は自分達に木の根っ子(ゴボウ)を食べさせようとした
およそ人道的な扱いではなかった。」という理由で国際裁判を起こし
日本側が有罪となったことがあります。


posted by 埼玉県民 at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トンデモ雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。