2016年05月13日

ドラえもんの怖い話 どこでもドア

過去に出回ったドラえもんの怖い話にこのような内容の
怖い話があります。

眠っていたのび太が夜中にトイレに行きたくなって
ふと目が覚めた。
トイレに向かう途中に家の電話が鳴った。
とってみると雑音ばかりで聞きとりにくいのですが
「2日・・ド・・(ザーー)・・・つかうな!」と声が聞こえた。
怖くて、これは夢だよねみたいな感じで無かったことにした。

その2日後。
のび太がしずかちゃんの家に遊びに行くから、
ドラえもんにどこでもドアを貸してもらった。
しかし2人が着いた先は何もない真っ白な空間。
ドラえもんが真っ青になって、どこでもドアが壊れたのかも・・・と言って
ドアを開けてみるが、その向こうは同じ白い空間。
ドラえもんが タイム電話を出して、
2日前の自分達に助けを呼ぼうとした。突然、周りが暗くなった。
ドラえもんの叫ぶ声が聞こえたが、周りはよく見えない。
のび太が手探りでドラえもんを探すが、見つかったのはタイム電話だけ。
ちょうど過去に繋がっているが、雑音で何も聞こえない。
のび太がそこで「2日後どこでもドアを使うな!!」と叫ぶ

だいたいこのような内容だそうです。
私は子供の頃にドラえもんの原作コミックを全部読んでいるのですが
どこでもドアは故障することはあっても、何もない異空間に引きずりこまれて
帰れなくなるという話はありませんでした。
過去の自分達に助けを求めるあたりは原作の長編ドラえもんの魔界大冒険に
似ているのですが、あちらはタイムマシンで悪魔から逃走中に
数日前の世界にやってきた所で魔法で石にされるという展開なので
でまわった話と内容がことなります。
そのためこの話はおそらく作者以外の誰かの創作です。


posted by 埼玉県民 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。