2016年06月21日

南米の地下の巨大迷宮

南米であるボーイスカウトの一団が行方不明になりました。
それからしばらくして教会の床の底から何かが叩く音がすると言う事で
古い床板をはずすとなんと床下から行方不明になっていたボーイスカウトの
うちの一人がでてきた。

手には黄金のトウモロコシをにぎっており、
その子の話を聞いてみると
最初は洞窟の入り口にロープを縛って一人ひとりの
体を結んで迷わないよう洞窟を進んで探索をしていたのだが
気がついたらロープが切れて入口がわからなくなってしまったらしい。
そして次第にボーイスカウトのみんなは息絶えていき
最後は自分ひとりになってしまい暗闇の中をさまよっていると
小さな明かりが天井に見えたため、叩いて助けを求めたらしい。
黄金のトウモロコシは洞窟内で拾ったそうだ。
その後彼も息絶えたらしい。

これは昔TVで見たことがある南米の地下に巨大迷宮があるという
都市伝説にまつわるエピソードです。
南米には他にも伝説上の黄金都市エルドラドが密林の中に存在していたという
伝説も存在していて、衛星の発達した現在でも発見できないこの黄金都市エルドラドは
実は地下に存在していて、この巨大迷宮の伝説と何か関係あるのでは?の
ようなまとめ方をしておりました。

posted by 埼玉県民 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439230150

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。