2016年07月03日

試験にまつわる都市伝説 マークシート

試験でよく使われるマークシート。
選択式のテストで解答欄を黒く塗りつぶしていき、正解不正解を
機械で判定してくれるため採点が簡単で、さまざまな場所で使われています。
このマークシートが試験に導入された時に広まった有名な都市伝説があります。

それはマークシートの機械には欠点があって、たとえ他の場所を
塗ってあったとしても正解の場所さえ黒く塗りつぶしてあれば
正解となるという噂で、”極端な話すべての問題のすべての解答欄を
塗ってしまえば満点”になるというわけです。

この噂を信じた人たちが入学試験や学期末試験などで
解答欄を黒で埋め尽くすという行為を実際に試したらしいのですが
結果は0点となったそうです。
今でもこの有名な都市伝説を信じてか、あるいは問題が難しく試験自体を
投げているのかは不明ですが、このマークシートの塗りつぶしは
全国の試験会場で何名かいるようです。
posted by 埼玉県民 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。