2016年07月13日

軽井沢大橋のタブー

長野県軽井沢にある軽井沢大橋
この軽井沢大橋にお笑い芸人がロケに行った際にあった話です。
この橋は自殺の名所としても有名な場所で
やってはいけないことが3つあります。

1つ目が吊り橋の途中で車を止めてはいけない
2つ目が吊り橋を歩いて渡り切ってはいけない
3つ目が吊り橋の奥にある祠にお参りをしてはいけない


しかしせっかくのロケなので面白さを求めて、
それをすべて実行して検証してみるということになりました。
スタッフ・芸人あわせて6人で
軽井沢大橋付近に行ってみると、
看板があり県からの注意書きに
その3つのル−ルがたしかに書いてありました。

バスにもしものことがあると困るので、
バスの周りを手作りの柵で囲って入口に盛り塩をすることにして
まず吊り橋の途中でバスをとめて、徒歩で奥の祠にお参りをし
吊り橋を渡り切ってみることにしました。
そして吊り橋を渡り切って奥の祠でお参りをして写真を撮りました。
つまりすべてのルールを破ったことになります。

するとなぜか看板の前に立っていた後輩芸人の
体調が悪くなり、その時に撮影した写真を見たスタッフも
真っ青な顔をしています。
その写真を見てみると後輩芸人の後ろの看板の湯神という字が
シ(さんずい)とネ(しめすへん)だけになっていました。
つまり”シネ”という文字になっていて慌ててバスに戻ってみると、
柵が壊されていて盛り塩がそこら中にばらまかれていました。
そして、慌てて麓の神社に行ってお祓いを受けて
お祓いが一段落したようなので
神主さんにお祓いが終わったかどうか聞いてみると、

「いや、まだ22人憑いているから終わっていないよ」
と言われたそうです・・・。
posted by 埼玉県民 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域限定の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439984497

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。