2016年07月26日

ラブライバーの心霊写真

ラブライバーが撮影した写真の手の部分がおかしいと
今インターネット上で大きな話題となっております。
まずはこちらの写真をご覧ください。
raburaiba.jpg

おわかりいただけただろうか?
女性の腕に絡みつくもうひとつの手があることを・・・・。
本人曰く合成ではないらしいです。

この手の写真を撮影する方法は何通りかあるのですが
もともと腕を組んだポーズだったところを急に開いたポーズに変更して
もともとあったからだのパーツの一部が消えたり、不自然に残ってしまったりするパターンや
何か別の物を手を誤認するパターンなのですが、ポーズ的に前者のパターンですと
不自然な格好になってしまうためなさそうです。
また後者の誤認するような物もないように思います。

一番可能性として高いのは同じ場所で何枚か写真を撮影して
合成するパターンで、実際スマホを握っている手に絡み付いている手の
生えている部分がわずかに服からはみ出してしまっているので
合成と見るのが妥当です。
やるなら服の下から手をきっちりと生やす感じで
合成した方がよりそれっぽくとなると思います。
posted by 埼玉県民 at 01:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
第95回全国高校野球選手権大会大阪予選決勝で大阪桐蔭の優勝が決まったときの写真にも
ありましたよね。
実際には数秒前にコケタ選手の手首らしき物が何故か後の写真に写りこんでいる現象。
デジカメ固有の現象、画像処理システムのバグなのかな?

逆に、あるはずの手足が写らない現象はフィルムカメラ時代からありますよね。
Posted by XvX at 2017年01月31日 16:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440421893

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。