2016年06月03日

偽プードル

人気のペットである犬のプードル。このプードル人気に目をつけた業者が
偽物を潜り込ませているという噂が流れたことがあります。

まずこの偽プードルの正体は、なんと毛を短く刈り込んだ子ヒツジで
ヒツジが大きくなって、その正体に気がつき飼い主が驚愕するというもの。
このうわさの出元はイギリスのタブロイド誌(海外の東スポ、大スポみたいなもの)と
言われており、日本では川上麻衣子さんがTVで「友達からプードルと偽った
ヒツジを飼っていた話を聞いた」という話で爆発的に噂が拡散して
いつの間にか被害者も川上麻衣子さん本人の体験として広まっていきました。
posted by 埼玉県民 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

洋子のはなしは信じるな

今回は都市伝説というよりも未解決事件、不可解事件として
有名な”洋子のはなしは信じるな”をご紹介します。

この事件は1994年に起きた嵐真由美さんという女性の失踪事件で
主婦であった嵐真由美さんが同級生に会うと家族に残したまま
当時1歳半の娘を残して突然行方不明になり、現在でもその足取りが
まったくつかめなくなっている事件です。
事件発生当時にもかなりの話題となって、テレビ朝日のニュース番組の
スーパーJチャンネルが、真由美さんの父親への取材中に
テレビにとんでもないものが映りこんでしまったのです。
memo.jpg

テレビの取材を受ける真由美さんの父親の後ろのメモに
「洋子のはなしは信じるな」という一文が残されていたのです。
この洋子という人物は真由美さんの姉にあたる人物の事です。

インターネット上では現在でもこの謎の失踪事件と、残されたメモから
さまざまな憶測がされていて、半ば都市伝説化しております。


失踪した夜にこの真由美さんが会うと言っていたと思われる知人?同級生?のAという
人物から複数回の謎の電話がかかってきており、また真由美さんの捜索をしていた
警察がみつけたメモにはこのAという人物と付き合っていたが、裏切られたなどと
書かれていて、このAという人物が事件の鍵を握っていると考えられていたのですが
Aという人物も深夜に缶ジュースを持ったまま山に行くと残して失踪しており
真相は闇の中となってしまいました。
posted by 埼玉県民 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

千葉の殺人事件物件売れる

ヤフーニュースなどで注目されていた千葉にある300平米を超える広さの
豪邸がたったの756万円でヤフオクの官公庁オークションに
だされた事がちょっとした話題になっておりました。

この物件は、平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した事と
その事件の犯人がまだ捕まっていない事、
付近がバブル景気の頃に山を開拓して作られた場所で
交通に不便で、人もまばらでゴーストタウンなどと揶揄される場所に
あるためこの値段となったのですが
さすがに3階建て10LDKの豪邸がこのお値段とは?という事で
話題となっておりましたが、5月17日に1111万1100円という
お値段で売却されました。
posted by 埼玉県民 at 05:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

樹海村

何やらゲームの魔界村を思い起こさせる名前ですが、樹海の中には
自殺を考えて樹海に入ったものの途中でやっぱり怖くなって
死にきれなかった人たちが集まって作った村が存在していると言う
有名な都市伝説の事です。

この樹海村は実在しているのかというと答えはNoです。
樹海に住んでいる方は実際に存在しているのですが
樹海の中は大人数の人間が村を作って自給自足できるほど広くはなく
また凶暴な野生動物や足場の悪さもあって、
もともと樹海で生活しているならともかく
素人が村を作って生活するには厳しい環境です。
posted by 埼玉県民 at 08:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

鳥人間コンテスト

今年も7月末に開催される鳥人間コンテスト。
大学生が人力飛行機を製作して
どれだけ遠くに飛べるかを競う人気の競技です。
この鳥人間コンテストにも怖い話があります。

この鳥人間コンテストは実際に出演した学生が収録中に事故を起こして、
番組制作元や大学飛行機を制作した同学生を相手に裁判を起こしているという話です。
2007年の鳥人間コンテンストにて
九州工業大学に在学していた当時20歳の女子大学生が
操縦士を務めた飛行機が滑走路を飛び出た直後に落下して
そのまま10m近い海に墜落。
その女子学生は落下の衝撃で「脳脊髄液減少症」という病気を患ってしまい
現在でもリハビリ中らしいです。


現在でも鳥人間コンテストの事故で亡くなったor大怪我をした学生がいるという噂が
定期的に上がりますが、モデルはおそらくこの話のことです。
posted by 埼玉県民 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

車の事故率と車体の色

ニュージーランドのオークランド大学の研究者が
変わった統計を採りました。それは車の車体の色と事故率との関係です。

統計によると最も事故に遭いにくい車体の色はシルバーで、
重大事故に巻き込まれる確率は白い車の約1/2。
シルバーは明るい色合いと光の反射性に優れているために
他のドライバーから認知されやすいため。

反対に事故に遭いやすいのはブラックやグリーン
白い車体の2倍程度の高い確率で
重大事故に遭いやすいようです。。

また黒い車も事故に遭いやすく、黒は収縮色なので実際よりも小さく見えるために
距離間を詰めすぎて事故に至るといわれております。
しかし黒の車は日本では実際の事故率は低いらしいです。
なぜなら黒い車体のごつい自動車には暴力団が乗っているケースが多く、
そういった車に対して一般のドライバーはトラブルを避けるため自然と距離を置くためらしいです。
posted by 埼玉県民 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

10倍だぞ!10倍!

1999年の新日本プロレスで人気タッグチームだった天山選手・小島選手のテンコジタッグ
このチームは人気実力ともにトップレベルで、タッグタイトルを何度も防衛した
名タッグチームだったのですが、2人のあるやりとりが週刊プロレスに載ったところ
思わぬ反響がありました。
881.jpg

天山「俺達がチャンピオンだ!永遠のな」
小島「俺達は1+1=2じゃないぞ。俺達は1+1=200だ
   ”10倍だぞ!10倍”!!」

もともと相手タッグチームがお前らのチームは1+1=2だろうが
俺達は1+1=20だ。という挑発に対しての勝利者コメントで
お前らが20(10倍)なら、俺達はその10倍の200だ!という意味で使ったつもりが
写真の部分だけを切り抜いて掲載されてしまったために
雑誌購入者、ワールドプロレス中継でやり取りをみていた視聴者
そして様々な雑誌の誤植や間違いを掲載して遊ぶ雑誌VOWなどで
この10倍発言がとりあげられて、17年後の現在でも
ネット上で10倍だぞ10倍は引用される台詞となってしまいました。
posted by 埼玉県民 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

医学生の人体解剖の授業

教授が1年目の医学生に最初の人体解剖の授業を教えている。
彼は始める前にいくつかの基本的なことを学生に教えることにする。

「人体解剖をするためには2つの事が出来なければならない。
第一は、恐怖を持ってはいけないと言うことだ。」
ここで教授は、死人の肛門に指を突っ込み、そして舐めた。


教授は学生に同じ事を目の前にある死体に行うように言った。
数分の沈黙の後、学生達は同じ事をする。

「第二は、鋭い観察力を持たなければいけないと言うことだ。
私は死人の肛門に"中指"を突っ込んだが、舐めたのは"人差し指"だ。」
posted by 埼玉県民 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

緊迫するニュース番組の冒頭で起こった放送事故

1987年6月28日の日本テレビのNNNニューススポットの番組冒頭で
とんでもない放送事故が起きました。
まずは実際の番組シーンをごらんください。
https://www.youtube.com/watch?v=9r4RGj-iqNo

この日は特別プログラムでニュースの後に笑点という番組編成だったのですが
局のマスタールームで通常のプログラムどおりに笑点のテーマを間違って
流してしまって、緊迫する〜とはじめているアナウンサーの
バックに笑点が流れると言うとんでもない放送事故になってしまいました。
posted by 埼玉県民 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

桑田佳祐を引き抜こうとしたバンド

サザンオールスターズのファンの間では有名な都市伝説に
桑田佳祐を引き抜こうとしたバンドが過去にありました。
それはドリフターズです。

ドリフターズはコントで人気が爆発しましたが
もともとはバンドミュージシャンで、ビートルズの日本公演で
前座をつとめた事も有名です。
ことの発端はドリフターズにバンドをやりにきていた
高木ブーが、コントやお笑いで人気となったために
バンドに集中できないのでリーダーのいかりや長介さんに
ドリフ脱退を相談していた際にどうするか考えていた時
ドリフの8時だョ全員集合にゲスト出演していた
人気が出る前のサザンオールスターズの桑田佳祐に高木ブーが抜けた場合に
かわりにメンバーに加わるように頼んでいたらしいです。

結局の所高木ブーさんが残留したために、桑田さんのドリフ入りは白紙となったのですが
もしも桑田さんがドリフ入りをしていた場合、邦楽の歴史は
かなり違ったものになっていたかもしれません。

ちなみにこの話本当の事だったようで
1992年にサザンのライブのMCで桑田さん本人が語った話です。
posted by 埼玉県民 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

ナイキが有名ブランドになった時

ナイキが有名ブランドになったのはミュンヘン五輪アメリカ予選の時に
出場選手達にナイキのシューズを提供して
『トップ7人のうち4人までがナイキの靴を履いていた』と広告を打ったことで
世界的な知名度を獲得する事となったためです。

ちなみに7名のうちの残りの3人はそれぞれ1〜3位まで入賞しました。
その選手達のシューズはアディダスだったそうです。
posted by 埼玉県民 at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

気圧計

アメリカの名門大学にまつわる都市伝説です。
物理学の講義で教授が気圧計を持ってきました。

「今日はこの気圧計を使った講義を行う。」

「では、まずこの気圧計でこの教室の気圧を計って高さを求めよう。ジョニー、やってみてくれ。」
気圧計を渡された学生は一瞬戸惑っていた。

「もしかして、気圧と高さの計算ができないのかい?」
学生は気圧計を持って後ろを振り返ったかと思うと、
突然気圧計を教室の窓から外に投げた。

「1、2、3・・・5秒」 
学生は気圧計が落下するまでの時間を計算して、教室の高さを教授に回答した。
気圧計で計算できるのは1階からの高さではなく”標高”である。


そのためこの学生はその授業で最悪な評価を得たが、
後に奇抜なアイデアで起こしたウェブサイトが当たり
IT分野で大成功を収めた人物だそうです。
posted by 埼玉県民 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。