2016年07月06日

プリキュア掲示板閉鎖騒動

現在でもシリーズが継続して人気のアニメのプリキュアシリーズ
このプリキュアの公式インターネット掲示板がある騒動によって閉鎖となっている。

もともとプリキュアを製作している東映アニメーションはさまざまな人気アニメの
公式掲示板をインターネット上に設置して、ファンの交流ができるようにしているのですが
プリキュアの掲示板はなぜか現在存在しておりません。
実は2009年まではプリキュアの掲示板も存在していたのですが
プリキュアのターゲットは女児だけでなく、昔の熱血アニメの要素などを取り入れていて
20代↑の男性もターゲットにすえているという作品であるため
ショーなどに大人の男性ファンがかけつける(いわゆる大きなお友達)ことも多いのです。

この大きなお友達がプリキュアの公式掲示板に「こんな展開があったらしいナ」という
タイトルで不気味(?)な妄想書き込みを連投しだして、公式掲示板を使っていた
女児達が逃げ出し、最終的には東映側にクレームが寄せられて
プリキュアの掲示板は閉鎖、以降シリーズが更新されても掲示板は設置されないようになったのです。
posted by 埼玉県民 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

少年ジャンプ都市伝説 打ち切り最速記録

少年ジャンプといえばアンケートの評判によって、掲載漫画が
これから面白くなりそうでも打ち切りになるアンケート至上主義で有名です。
ではジャンプで最速打ち切りとなった作品は何でしょうか?

アンケートでの打ち切りが導入されてからの最短打ち切りは
おそらく澤井啓夫先生のチャゲチャの8週と思われます。
澤井先生は前作ボボボーボ・ボーボボを大ヒットさせたのですが
チャゲチャでまったく同じ路線の作品を掲載したところ
ほとんどアンケートが集まらずに
連載3週目にはほぼ打ち切りラインの常連となってしまい、結果
単行本1冊分での終了となり、以降澤井啓夫先生は
活躍の場を絵本や絵柄を変えて別冊のジャンプへと活躍の場を移すこととなります。

ほかには90年代前半に不思議ハンターという作品が載っていて
打ち切りまでの話数は4話なのですが、こちらは1話あたりが数週にわたっての
連続の話単位で区切られているため、実際は20〜30週の打ち切りとなります。


もともとアンケートのシステムはアストロ球団(原作遠崎史朗、漫画中島徳博)が
ヒットしているときに作者たちが編集に「大御所作家というだけで連載が長く続くのは
おかしい、(当時漫画雑誌として後発だった)ジャンプはどんどん新しい
作品を載せて、他の雑誌にはない新しい作家を発掘していくためにも
アンケートの票が悪ければ大御所の作品でも打ち切って、雑誌の新陳代謝を
促すべきだ」という提案が元となって生まれたシステムなのですが、
アストロ球団の連載が始まる1972年以前には
少年ジャンプ初のアニメ化作品というかアニメとタイアップで漫画が製作された
紅三四郎が4週で連載終了、はだしのゲンをヒットさせた中沢哲治さんの
オキナワ、諸星大二郎の妖怪ハンターが5週で掲載終了となっています。
これらの掲載終了理由はジャンプの読者層のカラーとあっていなかったためで
特に妖怪の方は別シリーズとして継続していきました。
posted by 埼玉県民 at 21:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

武蔵丸の悲劇

最近新作アニメやグッズが発表されてブーム再燃の兆しをみせる
カードキャプターさくら。
このCCさくらにもある有名な都市伝説があります。
それはアニメファンの間で武蔵丸の悲劇と呼ばれているものです。

CCさくら放送中はまだハードディスクレコーダーやDVD録画などが
一般的ではなく、一般家庭ではアナログビデオデッキでの番組録画が主流でした。
そのため今のようなスポーツ中継などの延長にあわせて録画時間を繰り上げてくれるような
便利機能はなく、録画は手動かタイマー録画しかありませんでした。
カードキャプターさくらの最終回がNHKBSで放送されたのは
2000年の3月21日だったのですが、直前に放送された大相撲春場所の中継が
4分間の延長となったためにタイマー録画でさくらの最終回を予約していた全国の視聴者は
まずいきなり大相撲の武蔵丸VS貴ノ浪を見せられることとなり
しかも肝心のラストシーン&番組終了後の司会者とともよ役の声優さん(岩男潤子)の
メッセージも見られずに終わるという悲劇に見舞われたのでした。

当時は今のようにインターネットで動画を見ることもできず
また映像ソフトでは声優さんの対談がカットされているため
CCさくらのファンたちが、まだできて間もない
2ちゃんねるなどの掲示板で発狂し、
貴ノ浪にその日敗れた武蔵丸の名前を取って
武蔵丸の悲劇と呼ばれ16年経った今でも当時のファンの間で語られる
伝説となりました。
posted by 埼玉県民 at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

未解決事件都市伝説 テレビ東京に人骨

今からちょうど10年前の2006年にある事件がありました。
当時放送していたライトノベル原作の深夜アニメいぬかみ!という番組が
その日に放送していた世界卓球選手権中継の延長で
時間帯を繰り上げての放送となったために全国で録画に失敗した人たちが多数出ました。

その中の一人と思われる人物が、録画失敗の恨みを全文カタカナの文章で
書き綴った手紙に何かの骨を同封して、放送局であったテレビ東京宛てに
送りつけて、大騒ぎとなりました。
当時出回った噂ではこの骨は人骨でテレビ東京人骨騒ぎなどと
インターネットで大きな話題となったのですが、実際の所はこの骨はきちんとした
鑑定がされなかったらしく、何の骨だったのかも送りつけた犯人も不明のまま。
その後関連した大きな事件もなかったため、単なるいたずらであると判断されたのですが
真相は今でも不明で何とも気味の悪い未解決事件となりました。
posted by 埼玉県民 at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

もっとも多くの人に立ち読みされた1冊の雑誌

今回は昨年やりすぎ都市伝説にて語られて、多くの人を感動させた都市伝説
もっとも多くの人に立ち読みされた1冊の雑誌という話をご紹介します。

おそらく日本でもっとも多くの人に立ち読みされた雑誌というのは
週刊少年ジャンプ2011年16号です。
この号は2011年3・11の東北北関東の大震災があった翌週の号で
当時は津波と震災で道路がところどころ寸断されて、物流がストップしており
食料や生活用品のほかに雑誌のような印刷物もストップしてしまっている状態
多くの人が楽しみにしていた少年ジャンプも書店に入荷できない状態でした。
その時に仙台市のある男性が山形県の書店に出向き「震災でジャンプを読めない方達に」と
ジャンプ16号の在庫を購入し、本が入荷できなかった仙台市の書店に寄贈しました。
書店の店員さんはたいへん喜んで店頭に「少年ジャンプ読めます」と張り紙を貼ったところ
沢山の人たちがジャンプを読むために列を作り、震災で沈んでいた
多くの人たちを楽しませたそうです。
後日この話を知った集英社はおそらくもっとも多くの人に立ち読み、回し読みされ
ボロボロになった少年ジャンプをぜひ引き取りたいと申し出て
被災地への義捐金100万と引き換えで、このジャンプ16号を引き取り
今でも会社に大切に保管されているらしいです。
posted by 埼玉県民 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

北斗の拳の製作舞台裏

漫画の連載から30年が経過して今もなお外伝読みきりやゲーム、パチンコなどで
幅広い層に人気の北斗の拳。原作は武論尊、漫画は原哲夫さんが担当しておりました。
現在でも人気ということで芸人さん達が北斗の拳を
とりあげた番組が放送されていたのですが、実はこの漫画の製作状況が
漫画以上に面白いのでは?と噂されております。

まず先に紹介したように北斗の拳の原作は武論尊、漫画は原哲夫となっておりますが
実は漫画連載当時2人が会うことは年に1〜2回程度で
それぞれの電話番号すら知らずに武論尊さんが上げた原作を
原さんが高いクオリティで上げてくるので、それに負けないように武論尊さんが
練った原作を考えるという繰り返しであの作品ができたそうです。

さらに武論尊さんはもともとの漫画原作は最初の1回目しか考えておらず
長期的な漫画の見通しもまったく考えておらず
2回目以降は全部後付け設定だったようです。
たしかに北斗の拳は通して読むと素人目にも結構後付け設定が多く
存在しているのですが、その場の面白さを重視するためこれでよしと
していたとのこと。

また子供の頃に北斗の拳の漫画やアニメを見た子供たちは
1度は人体の経絡秘孔を突く遊びをやったと思うのですが
実はあれも武論尊さんが、接骨院などの壁に貼ってある
人体のツボが書かれたポスターを買ってきて
それを見ながら適当に考えていたのだとか・・・。
都市伝説に北斗の拳の経絡秘孔は実際に存在するという話もあったのですが
それもそのはずで実際の人体のツボを参考にしているからです。
当然秘孔を突いても人体が内部から爆発したりはしませんが。
posted by 埼玉県民 at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

空手バカ一代と監禁事件

かつて空手家の大山倍達の伝記(ただしフィクション部分多め)として
絶大な人気を誇っていた空手バカ一代。
1970年代にアニメ化もされて空手ブームを巻き起こしたのですが
この作品初期と後期では絵柄がまったく違っています。
それもそのはずで初期はつのだじろう氏、後期は影丸譲也氏という
異なった2人の漫画家が作画を担当していたためです。

なぜそのような事になったのかというと原作者であった梶原一騎氏が
週間連載の原作を平気で原稿の入稿日の前日まで上げてこないなどで
つのだじろう側が不信感をいだき、少年チャンピオンで大山倍達本人が
原作を担当するゴッドハンドをはじめてしまい
両者の不仲が決定的になったためです。

そして同じくつのだじろう氏の恐怖漫画の魔子で
有名な呪いの言葉「カラワジ・イキツ・キマト・ワヒオサ・ハノクキョウ・
ミツオ・レシモオイ… 呪われよ」という台詞が雑誌に登場し
梶原氏の弟子がこのアナグラムは「梶原一騎と真樹日佐夫(梶原一騎氏の実弟)
脅迫の罪、思い知れ、呪われよ」を入れ替えたものだと看破し
漫画史でも有名なつのだじろう氏の監禁脅迫騒動に繋がりました。

最終的につのだ氏が各方面への詫び状を書かされて
空手バカ一代からもおりる事になったのですが
その後もつのだ氏の怒りはおさまらず
大ヒットを飛ばした心霊漫画の恐怖新聞にも
おそらく梶原氏がモデルと思われる嫌われ者の侍が登場するなどしております。
posted by 埼玉県民 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

魔法の天使 クリィミーマミのED

今から30年ほど前に子供と一部大きなお友達の間で
絶大な人気を誇っていたスタジオぴえろ製作の魔法少女アニメシリーズの
第1弾の魔法の天使 クリィミーマミ。

この作品の大きな特徴のひとつとしては魔法少女が現代の芸能の世界で
彗星のごとく現れた謎のアイドルに変身して活躍するという点でした。
そのため作中にも多くの楽曲が登場し、現在でも声優やアイドルによって
登場楽曲がカバーされる人気作品です。

その中でもおそらくトップクラスの人気を誇っているのは
後期のエンディングテーマのLOVEさりげなくでしょう。
https://www.youtube.com/watch?v=jDWoi608lN8

当時の子供向けのアニソンの中でもかなり高い完成度を誇っていて
妙に耳に残る名曲なのですが
実はこの曲のバックでギターを弾いているのは
B'z結成前の松本孝弘氏でした。
posted by 埼玉県民 at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

超人ロックで金賞

漫画家の聖悠紀さんの代表作の超人ロック
この超人ロックが少年キングで連載されていた時に
ある驚くべき事件が起こりました。

当時少年キングでは読者投稿のイラストや応援メッセージを
募集していて、優秀作品には金賞が与えられておりました。
その少年キングの読者投稿欄に超人ロックの作者である
聖悠紀さん本人が名前を伏せて投稿したのでした。

当然作者本人が描いたものなので金賞となるはずが
・・・・・・結果は金賞を逃す事となります。
後に本人が読者投稿欄に名前を伏せて投稿していた事を
バラして、この一件は超人ロックの作者本人が
読者投稿欄で金賞を逃したとして
後々まで語られる伝説となりました。
posted by 埼玉県民 at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

封印アニメ アパッチ野球軍

古くからのアニメファンの間で封印されたアニメの話になると
よく登場するアニメといえばジャングル黒べぇとアパッチ野球軍、キャンディキャンディです。
黒べぇは藤子不二雄原作の人気漫画をアニメ化したものですが
黒人差別ととも取れる表現をタイトルに持って来ているため
今では放送不可能な作品となっています。

キャンディキャンディは以前紹介した事もあるのですが
原作者と作画家の仲たがいにより再放送が
数十年できないという措置がとられ、ほぼ封印された作品となっております。

そしてアパッチ野球軍ですが、こちらも黒べぇと同じく人種差別表現がきつくて
放送できない作品です。私はまだTVの規制が緩かった頃に
この作品の再放送を見た事があるのですが、仮に今放送すれば
ピー音か無音ばかりになって内容がよくわからない状態になるほどの
量の差別用語が登場してきます。
そのためアパッチ野球軍の存在そのものがアニメの歴史から
抹消されている状態らしいです。
DVDやBL化は不可能と思われていたのですが
なんと2002年に1度だけ限定生産品として当時の音声そのままで
発売されておりました。
posted by 埼玉県民 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

ドラえもんの怖い話 どこでもドア

過去に出回ったドラえもんの怖い話にこのような内容の
怖い話があります。

眠っていたのび太が夜中にトイレに行きたくなって
ふと目が覚めた。
トイレに向かう途中に家の電話が鳴った。
とってみると雑音ばかりで聞きとりにくいのですが
「2日・・ド・・(ザーー)・・・つかうな!」と声が聞こえた。
怖くて、これは夢だよねみたいな感じで無かったことにした。

その2日後。
のび太がしずかちゃんの家に遊びに行くから、
ドラえもんにどこでもドアを貸してもらった。
しかし2人が着いた先は何もない真っ白な空間。
ドラえもんが真っ青になって、どこでもドアが壊れたのかも・・・と言って
ドアを開けてみるが、その向こうは同じ白い空間。
ドラえもんが タイム電話を出して、
2日前の自分達に助けを呼ぼうとした。突然、周りが暗くなった。
ドラえもんの叫ぶ声が聞こえたが、周りはよく見えない。
のび太が手探りでドラえもんを探すが、見つかったのはタイム電話だけ。
ちょうど過去に繋がっているが、雑音で何も聞こえない。
のび太がそこで「2日後どこでもドアを使うな!!」と叫ぶ

だいたいこのような内容だそうです。
私は子供の頃にドラえもんの原作コミックを全部読んでいるのですが
どこでもドアは故障することはあっても、何もない異空間に引きずりこまれて
帰れなくなるという話はありませんでした。
過去の自分達に助けを求めるあたりは原作の長編ドラえもんの魔界大冒険に
似ているのですが、あちらはタイムマシンで悪魔から逃走中に
数日前の世界にやってきた所で魔法で石にされるという展開なので
でまわった話と内容がことなります。
そのためこの話はおそらく作者以外の誰かの創作です。
posted by 埼玉県民 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

トトロには祖先がいる

ジブリアニメ関係の都市伝説で特に多いのがとなりのトトロの都市伝説ですが
その中には監督が公認している物があります。

それがトトロの祖先というもので、トトロはもののけ姫の作中に
登場する精霊のようなもので、もののけ姫の作中の森には何千年も生きている設定のトトロが
いないことを気にしていた宮崎監督が、後付(トトロよりももののけの方が製作は後です)で
もののけの作中ラストに登場する森の精のコダマが成長(進化)すると
トトロという存在になるという設定を追加したようです。

このコダマが後のトトロになるようです。
kodama000.jpg



posted by 埼玉県民 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。