2016年06月27日

カビキラー

梅雨の時期に活躍商品といえばカビキラーです。
お風呂など特に湿気が多い場所で、シュッと吹きかければ
綺麗にカビを除去できる商品なのですが、このカビキラーにまつわる
ある有名な都市伝説をご存知でしょうか?
それはこのカビキラー”黒いカビを脱色しているだけで、実際はカビを
除去しているわけではない”という噂です。

この噂は本当なのでしょうか?
答えは嘘です。カビキラーはきちんと殺菌成分を有する原料を
使用しているために殺菌効果はあります。
ではこの噂はどこからうまれたのでしょうか?
実はカビキラーで表面上は綺麗にカビを殺菌できたとしても
カビを完全に除去することは難しいため、少しでも残ってしまうと
爆発的にカビが繁殖し、元通りになってしまうために
実はカビを脱色しているだけなのでは?という噂がうまれたのでした。
カビキラーで殺菌した後はきちんと換気と掃除をこころがけて
カビが繁殖しにくい環境を作る必要があるのです。

posted by 埼玉県民 at 05:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

すべてのパソコントラブルを解決する隠しコマンドがある

「すべてのパソコントラブルを解決する隠しコマンドがある」という噂は
インターネット掲示板などにたびたび書き込まれるものです。

やり方の前にネタバレから書きます。
この隠しコマンドは実行するとWindows系のパソコンデータを
すべて削除して、起動できなくさせるコマンドで
悪質極まりないデマですので、絶対に騙されて入力しないように。

やり方はアクセサリの中のコマンドプロンプトを立ち上げて
cmd/c
re/s/q c: と入力すると
すべてのウィルス、不具合が解決されるなどと
書かれているのですがこれはWindows系パソコンを使用不能にするコマンド
なので絶対騙されないように注意しましょう。
posted by 埼玉県民 at 05:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

渋谷の謎のマンホール

渋谷の井の頭通り周辺には謎のマンホールが存在しているという噂です。
マンホールの下にはだいたい下水道やガス管などのライフラインや
地下鉄に繋がっていることがほとんどなのですが、何に使われているのか
よくわからないマンホールも存在しております。

渋谷の井の頭通りにある謎のマンホールもその典型で
隙間がハンダでとめられていて、開けることすらできない状態のため
何のためにあるマンホールか謎なのです。
このマンホールもともとは下水が通っていたらしいのですが
付近の住民からマンホールの下から何か変な物音がするという報告が
絶えなかったために何度かくまなく調査をしたのですが
何も発見されなかったため、念のためにハンダで固定してしまったようです。

しかしハンダで固定された後もマンホールの下から
何かが走る音や話声が聞こえるという噂が絶えず、どこか別のマンホールから
古い下水道に侵入している人間がいるのでは?と噂されています。
posted by 埼玉県民 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域限定の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

杉原杏璃さんの最新写真集の中に心霊写真があった

今トップグラビアアイドルとして活躍している杉原杏璃さんの
10冊目となる写真集『ANRI』(ワニブックス)の中に
少年の生首が写った心霊写真があったという話がインターネット上で話題となり
杉原杏璃さん本人が運営するブログでも「私の写真集に心霊写真が」という
タイトルで、今まで「正直、自分の作品やiPhoneなどで撮った写真の中で
こういうものがハッキリ写ったのは初めて」
いままでこのような心霊経験はなかったため、幽霊の存在を信じておらず、
「ちょっと怖いというかなんて言うか。。。。。。」ということで
本人、ファンともども困惑しております。

その恐怖の心霊写真はこちらです。
sugihara.jpg
おわかりいただけただろうか?杉原さんの右にある木の根元にクッキリとした少年の顔が
写りこんでいることを・・・・。

ここからが解説
これは一目瞭然で、光の加減によって木の模様、くぼみの部分、
少年の髪の毛の部分の影を形成しているのは、顔の左の位置にある木の根っこの膨らんだ部分で
これらが合わさってたまたま人の顔のように見えているものです。
posted by 埼玉県民 at 06:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市伝説系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

もっとも多くの人に立ち読みされた1冊の雑誌

今回は昨年やりすぎ都市伝説にて語られて、多くの人を感動させた都市伝説
もっとも多くの人に立ち読みされた1冊の雑誌という話をご紹介します。

おそらく日本でもっとも多くの人に立ち読みされた雑誌というのは
週刊少年ジャンプ2011年16号です。
この号は2011年3・11の東北北関東の大震災があった翌週の号で
当時は津波と震災で道路がところどころ寸断されて、物流がストップしており
食料や生活用品のほかに雑誌のような印刷物もストップしてしまっている状態
多くの人が楽しみにしていた少年ジャンプも書店に入荷できない状態でした。
その時に仙台市のある男性が山形県の書店に出向き「震災でジャンプを読めない方達に」と
ジャンプ16号の在庫を購入し、本が入荷できなかった仙台市の書店に寄贈しました。
書店の店員さんはたいへん喜んで店頭に「少年ジャンプ読めます」と張り紙を貼ったところ
沢山の人たちがジャンプを読むために列を作り、震災で沈んでいた
多くの人たちを楽しませたそうです。
後日この話を知った集英社はおそらくもっとも多くの人に立ち読み、回し読みされ
ボロボロになった少年ジャンプをぜひ引き取りたいと申し出て
被災地への義捐金100万と引き換えで、このジャンプ16号を引き取り
今でも会社に大切に保管されているらしいです。
posted by 埼玉県民 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画・アニメ関連の噂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。